転職を大成功に導く、転職活動のコツをご紹介します

サイトについて

「みんなの転職を大成功に!」をモットーに、転職支援活動をするキャリアコンサルタントです。このサイトでは転職を成功させるための基本を紹介します! 【お問い合わせはコチラまで】

大成功する転職活動

大成功する転職活動

転職を大成功に導く秘訣は、転職活動におけるステップごとのポイントをしっかりとおさえて進むことです。転職活動の最初の一歩は、自己分析からはじまります。自分自身の転職目的をしっかりと整理して条件に優先順位をつけ、職歴やスキルや実務経験の棚卸しをしましょう。求人探しは情報収集力をフルに発揮して妥協せず探します。そして条件に合う求人を見つけたら、徹底的に企業をリサーチして面接に備えます。周到な準備ができるかどうかが転職活動の成否をわけます。

企業情報を徹底的に調査

ここでは多様化する転職サイトの活用法について説明します。近年、最も便利な転職方法として人気の転職サイトですが、転職サイトにはたくさんの求人のほか企業の調査報告なども掲載されている為、それらを閲覧し確認した上で転職先を決める事ができ、非常に便利で人気の高い転職方法になっています。また、特にグルメキャリーやリブロ不動産キャリアなど専門業種に特化した転職サイトも多く、そのような転職サイトを利用する事で、より自分にあった転職先を見つける事ができるようになっています。

書類選考を突破する履歴書

転職活動において応募書類は重要な役割を持っています。企業の人事採用者はまず書類選考を実施するため、履歴書の記載が悪ければ面接の場に進むことが出来ないからです。履歴書に誤字や脱字等があれば、人事担当者はその時点で内容を読む事なく採用を却下してしまうため、履歴書は自分自身の言葉で記載して、相手が読みたくなる文章作りを心がけることが重要です。履歴書は第一印象を決定づけるものであることを理解して、創意工夫して記載しライバルに差をつけることが重要です。

ポイントを意識した面接

転職先が面接であなたに求めていることは漠然とした熱意などではなく、あなたが以前の会社で挙げた具体的な実績です。この実績をきちんとアピールできるようにこれまで成し遂げたことを整理しておきましょう。また、転職先が求めている人材かどうかをもう一度きちん把握しておきましょう。希望する業種と自分のスキルがピッタリであっても、求めている職種との相性が悪い場合もあるからです。これらを踏まえた上で、自分の実績をアピールし転職先が求める人材であることをきちんと示すことが面接では大切です。

円満退社に向けた行動

転職を決意した後も、転職先の内定が出るまでは精神的にも少し不安定な状態で弱い立場ですので、誰にも打ち明けず退職に向けての行動をとることを慎みましょう。転職先の内定が出た後は、円満退社に向けて誠心誠意の行動をとりましょう。直接、上司に1か月以上前に退職の意思を伝えます。退職届の書き方などにも気を付けて退社の最後の日まで一生懸命仕事をすることで、同僚や上司に「あいつはいいやつだった」という印象を残します。そうすることで、転職先で元の会社ともよい取引先として付き合っていく事ができるでしょう。

キャリアコンサルタントがオススメする記事

ポイントを意識した面接
ポイントを意識した面接

転職の場合は学生の新卒面接とは違い、中途採用者として「即戦力」となってくれる人材かどうかを見られています。身だしなみや礼儀や社会人としてのマナーなど、マニュアル通りの面接対策は最低限できていて当たり前のことであり、それだけではまったく通用しません。求人票をしっかりと読み込み募集企業が何を求めているのかを把握し、その期待に自分はどのように応えられるのかを職務経歴や実績をベースとして具体的に説明できなければなりません。

企業情報を徹底的に調査
企業情報を徹底的に調査

転職活動をする方は、企業に選んでもらうという意識が強い人が多いようですが、企業に選ばれるよりも先に、まず自分自身が企業を選んでいるということを忘れないようにしましょう。応募者は履歴書や職務経歴書など自分自身の情報をさらけ出し色々な質問を受けますよね。応募する側も、「本当にこの企業に入りたいか?」を判断するために相手先企業の情報をしっかりとリサーチしてください。最低でも求人票を隅々まで読み込み、企業のホームページは会社概要から企業理念、そして事業内容など全ページをくまなくチェックします。このリサーチによって、自分の「志望動機」や「面接時の質問」も明らかになっていきます。

転職に有利な時期とは?
転職に有利な時期とは?

転職活動にも、一般的にみて有利な時期と不利な時期があります。有利な時期とは求人数が増える時期です。大成功を目指すなら有利なタイミングに動いたほうがベターですが、必ずしもこだわる必要はありません。参考情報として知っておく程度で良いでしょう。それよりも個人的な環境や条件として、早すぎず遅すぎないベストなタイミングをしっかりと見極めることが重要です。転職回数が多く1社ごとの在籍期間が短い場合、「すぐに辞めてしまうのでは」という不安を与えるため不利にはなりますが、不利を乗り越えるだけの何かを持っていれば、採用を勝ち取ることも可能です。