転職大成功は企業の調査から

サイトについて

「みんなの転職を大成功に!」をモットーに、転職支援活動をするキャリアコンサルタントです。このサイトでは転職を成功させるための基本を紹介します! 【お問い合わせはコチラまで】

企業情報を徹底的に調査

企業情報を徹底的に調査

多様化する転職方法

以前は、転職先を見つける方法としては、知人の紹介やハローワークでの求人や、求人情報誌などで探す方法が一般的でした。その為、仕事を続けながら転職先を見つける事は非常に大変な作業で、思い通りに転職活動が進まないばかりか途中で断念する事さえあったのです。しかし、最近ではインターネットの普及により、転職活動にも少し変化が訪れていいます。それが、転職サイトの利用です。転職サイトとは、インターネット上で様々な求人情報を掲載しているサイトの事です。転職サイトを利用する事で転職活動が行いやすくなった上、様々な情報を元に調査し転職先を見つける事が出来る事から、希望通りの転職先を見つけ出し大成功する転職も夢ではなくなってきているのです。

転職サイトについて

大きく転職サイトを分類すると、一般的な仕事を紹介する転職サイトと専門的な仕事を紹介する転職サイトに分ける事ができます。一般的な転職サイトでは、営業職や事務職といった職種が多く、専門的な転職サイトにおいては、医師や看護師のような様々な分野に特化した仕事の紹介を行ってもらう事が可能になっています。
例えば、不動産業者への転職を考える場合、「リブロ不動産キャリア」と言うサイトを利用する事で、不動産関係に特化した転職先を見つける事ができるようになっています。

リブロ不動産キャリア 全国の不動産業界の求人を多数掲載しており、未経験でも応募できるものも多いです。また、希望条件からの検索も簡単です。 詳細はこちらから

また、飲食関係の仕事に転職したい場合、「グルメキャリー」と言うサイトを利用する事で、たくさんの飲食店の情報を得る事ができます。

グルメキャリー レストランなどの飲食店を専門としているサイトで、首都圏、仙台、東海、関西地方の求人情報を検索することができます。毎週木曜日に求人情報が更新されるのでチェックしてみましょう。 詳細はこちらから このようなサイトにおいては転職先について徹底的な調査が行われており、知りたい情報が満載になっています。このような事からも、転職活動を行う際には、便利に使う事ができる転職サイトになっているのです。

転職サイトのメリットについて

転職サイトを転職活動に利用するメリットは非常に多いため、転職サイトを利用して転職を大成功させた人はとても多くいます。一般には目にする事の難しい転職先の情報やその企業を調査した報告書なども見る事ができます。実際に入ってみないと分からない事でも、調査報告書を確認する事で事前に知ることができ、結果として転職後の失敗を防ぐことができるようになっているのです。専属のアドバイザーを付ける事ができるサイトもあり、そのような人に色々な事を相談することも可能です。アドバイザーに自分の条件を伝える事で、自分にあった転職先を紹介してもらう事で転職を大成功に導くことができます。

キャリアコンサルタントがオススメする記事

ポイントを意識した面接
ポイントを意識した面接

転職の場合は学生の新卒面接とは違い、中途採用者として「即戦力」となってくれる人材かどうかを見られています。身だしなみや礼儀や社会人としてのマナーなど、マニュアル通りの面接対策は最低限できていて当たり前のことであり、それだけではまったく通用しません。求人票をしっかりと読み込み募集企業が何を求めているのかを把握し、その期待に自分はどのように応えられるのかを職務経歴や実績をベースとして具体的に説明できなければなりません。

企業情報を徹底的に調査
企業情報を徹底的に調査

転職活動をする方は、企業に選んでもらうという意識が強い人が多いようですが、企業に選ばれるよりも先に、まず自分自身が企業を選んでいるということを忘れないようにしましょう。応募者は履歴書や職務経歴書など自分自身の情報をさらけ出し色々な質問を受けますよね。応募する側も、「本当にこの企業に入りたいか?」を判断するために相手先企業の情報をしっかりとリサーチしてください。最低でも求人票を隅々まで読み込み、企業のホームページは会社概要から企業理念、そして事業内容など全ページをくまなくチェックします。このリサーチによって、自分の「志望動機」や「面接時の質問」も明らかになっていきます。

転職に有利な時期とは?
転職に有利な時期とは?

転職活動にも、一般的にみて有利な時期と不利な時期があります。有利な時期とは求人数が増える時期です。大成功を目指すなら有利なタイミングに動いたほうがベターですが、必ずしもこだわる必要はありません。参考情報として知っておく程度で良いでしょう。それよりも個人的な環境や条件として、早すぎず遅すぎないベストなタイミングをしっかりと見極めることが重要です。転職回数が多く1社ごとの在籍期間が短い場合、「すぐに辞めてしまうのでは」という不安を与えるため不利にはなりますが、不利を乗り越えるだけの何かを持っていれば、採用を勝ち取ることも可能です。