転職大成功の最終条件「円満退職」

サイトについて

「みんなの転職を大成功に!」をモットーに、転職支援活動をするキャリアコンサルタントです。このサイトでは転職を成功させるための基本を紹介します! 【お問い合わせはコチラまで】

円満退社に向けた行動

円満退社に向けた行動

内定が出るまでは内緒にする

転職を決意し転職先の面接などを終えて手応えがあった場合でも、内定が出るまでは行動を起こすべきではありません。同僚などに「もしかしたら転職するかも」などと口を滑らせてしまうことで社内で問題になり、転職を見合わせることになるケースがあるからです。内定が出るまでは宙ぶらりんな不安定な立場で気持ちが揺らぎやすい時期だといえますので、無用な騒ぎを起こすことは厳禁です。

退職の意思を伝えるために必要なこと

転職先から内定が出たら、退職の意思を会社側に伝えます。時期は退職の1か月以上前にすると引継ぎなどがスムーズにできて、元の会社に迷惑をかけないで済むでしょう。もし会社に転職の際の規定がありましたら、そちらに従いましょう。転職の意志を伝える順番として、まず最初に直接の上司に口頭で伝えましょう。上司を飛ばして更に上の人に伝えると、上司に対して失礼になります。転職者の心構えは「立つ鳥跡を濁さず」だと胸に刻んで行動してください。この際に転職理由をはっきりと言う必要はありません。人間関係に不満があるとか、職場環境に問題があるとか言ってしまうと、人間関係が壊れてしまい円満退社は到底望めません。スキルアップのために同業の会社へ行く場合も、転職先の会社を伝える必要はありません。会社側の不利益になると判断され、転職の邪魔をされる危険性が出るためです。あくまで個人的な理由で、元の会社への不満などとは関係なく辞職をするというようにしておきましょう。

円満退社へ最後のマナー

退職願は自筆で書きましょう。また、退職届や辞表という表題をつけると攻撃的な印象を会社側に与えるので、柔らかい表現の退職願としましょう。書き上げた退職願は直接の上司に手渡しで渡しましょう。よくドラマなどで机の上に置いて去っていくというシーンがありますが、失礼に当たり望ましい行為ではありません。退職理由は先述したとおり個人的な理由で通すために「一身上の都合」と書きましょう。転職先に移った後も同業種だった場合は、元の会社が取引先になる場合があります。そうなっても円満な人間関係が続くように心がけましょう。そのためには辞職を告げてから辞めるまでの約1か月間の仕事ぶりや振る舞いが大切になります。仕事に対してはやめる最後の日まで誠実にこなしましょう。最後の最後まできちんと仕事をするあなたの姿を見て、同僚や上司は「あいつは最後まで手を抜かずに頑張るいいやつだった」という印象を持ってくれるはずです。業務引き継ぎも大切です。引き継ぐ同僚や後輩に迷惑がかからないように重要な点を書き記したノートを残すなどをして、あなたがいなくなったあとも円滑に仕事が進行できるようにしましょう。

キャリアコンサルタントがオススメする記事

ポイントを意識した面接
ポイントを意識した面接

転職の場合は学生の新卒面接とは違い、中途採用者として「即戦力」となってくれる人材かどうかを見られています。身だしなみや礼儀や社会人としてのマナーなど、マニュアル通りの面接対策は最低限できていて当たり前のことであり、それだけではまったく通用しません。求人票をしっかりと読み込み募集企業が何を求めているのかを把握し、その期待に自分はどのように応えられるのかを職務経歴や実績をベースとして具体的に説明できなければなりません。

企業情報を徹底的に調査
企業情報を徹底的に調査

転職活動をする方は、企業に選んでもらうという意識が強い人が多いようですが、企業に選ばれるよりも先に、まず自分自身が企業を選んでいるということを忘れないようにしましょう。応募者は履歴書や職務経歴書など自分自身の情報をさらけ出し色々な質問を受けますよね。応募する側も、「本当にこの企業に入りたいか?」を判断するために相手先企業の情報をしっかりとリサーチしてください。最低でも求人票を隅々まで読み込み、企業のホームページは会社概要から企業理念、そして事業内容など全ページをくまなくチェックします。このリサーチによって、自分の「志望動機」や「面接時の質問」も明らかになっていきます。

転職に有利な時期とは?
転職に有利な時期とは?

転職活動にも、一般的にみて有利な時期と不利な時期があります。有利な時期とは求人数が増える時期です。大成功を目指すなら有利なタイミングに動いたほうがベターですが、必ずしもこだわる必要はありません。参考情報として知っておく程度で良いでしょう。それよりも個人的な環境や条件として、早すぎず遅すぎないベストなタイミングをしっかりと見極めることが重要です。転職回数が多く1社ごとの在籍期間が短い場合、「すぐに辞めてしまうのでは」という不安を与えるため不利にはなりますが、不利を乗り越えるだけの何かを持っていれば、採用を勝ち取ることも可能です。