転職を大成功に導く履歴書の書き方

サイトについて

「みんなの転職を大成功に!」をモットーに、転職支援活動をするキャリアコンサルタントです。このサイトでは転職を成功させるための基本を紹介します! 【お問い合わせはコチラまで】

書類選考を突破する履歴書

書類選考を突破する履歴書

転職における応募書類の重要性

転職活動において使用する応募書類は大変重要な役割を占めます。転職活動に使用する応募書類といえば、一般的に「履歴書」「職務経歴書」「添え状」が挙げられます。なぜ応募書類が重要なのかというと、企業における人材選考はまず履歴書を確認し、良さそうな履歴書を作成した人をピックアップして、その人物に対する面接を行うという方法をとるからです。つまりは書類選考を通過しなければ、どんなに外観が良く誠実そうであろうと、また面接管を惹きつける事項をたくさん持っていても、それらをアピールする場所自体が与えられないことになります。面接という自分自身を最も表現できる土俵に上がるためには、書類選考に使用する応募書類に創意工夫をしてライバルに差をつける必要があります。

効果的な履歴書作り

応募書類の作成方法は、履歴書は手書きにして職務経歴書と添え状はパソコンで作成するのが基本です。手書きで履歴書を作成するのは、文字の書き方や癖や文字の大小等から応募者の性格や人柄などの情報を得るためといわれています。パソコンで作成してしまうと個性というものが書類に現れず、どれも同じような外観の文書が出来上がってしまうためです。履歴書では、人事担当者に会って見たいと思わせる内容の履歴書を作成することが重要です。そのためには、「アピールポイントの設定」と「使用する用紙選び」が大切になります。たとえば、転職先も同業種であれば入社して直ちに仕事が出来るということをアピールすることが重要ですし、異業種からである場合には、異業種で培った知識や経験が入社後に活用することができるといったアピールをすることが重要です。また、履歴書の用紙も様々な内容のものがあるので、自分のアピールポイントにマッチした用紙を使用することが効果的です。

第一印象の重要性

企業の採用担当者が履歴書を見る際に、一見して見た目が悪いものは即不採用となります。人間は第一印象で評価の大部分が決まるといわれますが、書類選考においても第一印象は重要です。字が汚いものや誤字脱字が多いもの等は読む気を無くさせてしまいますので、事前に十分点検して提出することが重要です。また、志望動機では熱意あるメッセージ、本当に働きたいという気持ちを自身の言葉で記載すれば相手に与える印象が高まります。履歴書はたった1枚の書類ですが、その書類の持つ意味や効果はとても重いものがあります。紙1枚だからと軽視することなく、転職活動における企業との最初の出会いの場なのだということを十分意識して、丁寧な作成を心がけて転職活動を大成功に導きたいものです。

キャリアコンサルタントがオススメする記事

ポイントを意識した面接
ポイントを意識した面接

転職の場合は学生の新卒面接とは違い、中途採用者として「即戦力」となってくれる人材かどうかを見られています。身だしなみや礼儀や社会人としてのマナーなど、マニュアル通りの面接対策は最低限できていて当たり前のことであり、それだけではまったく通用しません。求人票をしっかりと読み込み募集企業が何を求めているのかを把握し、その期待に自分はどのように応えられるのかを職務経歴や実績をベースとして具体的に説明できなければなりません。

企業情報を徹底的に調査
企業情報を徹底的に調査

転職活動をする方は、企業に選んでもらうという意識が強い人が多いようですが、企業に選ばれるよりも先に、まず自分自身が企業を選んでいるということを忘れないようにしましょう。応募者は履歴書や職務経歴書など自分自身の情報をさらけ出し色々な質問を受けますよね。応募する側も、「本当にこの企業に入りたいか?」を判断するために相手先企業の情報をしっかりとリサーチしてください。最低でも求人票を隅々まで読み込み、企業のホームページは会社概要から企業理念、そして事業内容など全ページをくまなくチェックします。このリサーチによって、自分の「志望動機」や「面接時の質問」も明らかになっていきます。

転職に有利な時期とは?
転職に有利な時期とは?

転職活動にも、一般的にみて有利な時期と不利な時期があります。有利な時期とは求人数が増える時期です。大成功を目指すなら有利なタイミングに動いたほうがベターですが、必ずしもこだわる必要はありません。参考情報として知っておく程度で良いでしょう。それよりも個人的な環境や条件として、早すぎず遅すぎないベストなタイミングをしっかりと見極めることが重要です。転職回数が多く1社ごとの在籍期間が短い場合、「すぐに辞めてしまうのでは」という不安を与えるため不利にはなりますが、不利を乗り越えるだけの何かを持っていれば、採用を勝ち取ることも可能です。