転職大成功に導く「看護のお仕事」のエージェント

サイトについて

「みんなの転職を大成功に!」をモットーに、転職支援活動をするキャリアコンサルタントです。このサイトでは転職を成功させるための基本を紹介します! 【お問い合わせはコチラまで】

お祝い金が最大12万円貰える「看護のお仕事」

お祝い金が最大12万円貰える「看護のお仕事」

エージェントを活用して大成功

看護師は比較的転職しやすい職種でもあり、資格を持っていて経験があれば前職の給料を維持しやすいですし、昨今では看護師や医師不足等の問題もありますから看護師を必要としている職場は非常に多いです。激務を抱えながら転職を行う事は難しいですし、今抱えている仕事を引き継いで円満退社するにはサポートが必要になります。そこで、「看護のお仕事」の看護師転職エージェントを利用する事をオススメします。不慣れな転職活動を後押ししてくれたり、円滑に転職を進めていく事が出来ますから、紹介等で転職を行わない場合はこうしたサポートを活用して受ける事は望ましいでしょう。病院によっては給料や休日の待遇面を求人サイトに掲載しながら実際に職場に行くと記載とは違ったり看護師不足でギリギリで職場を回している所もあり、仕事とプライベートを上手く管理する事が難しい職場に行ってしまうリスクもありますが、こうしたエージェントを活用して情報収集しながら転職活動すれば大成功を収める可能性があります。

13万件の中から選べる求人

看護師は職場によっては非常に激務であり、転職経験の無い方の場合は履歴書の書き方や転職の進め方を仕事をしながら掴むのは非常に労力がかかります。また、知らない土地に引越ししたりする時は職場情報を集めるのも難しいですし、情報不足から転職後の生活が乱れてしまう事は多々あります。求人広告だけから職場を探すにはリスクもあります。看護師専門エージェントの「看護のお仕事」を利用すると、全国の13万件の職場の中からマッチングする求人を探すことができるので、自分にあった求人に出会うことが出来ます。

看護のお仕事 ネットから登録可能で仕事しながら転職する看護師の方にとって、非常に利便性が高いサービスになっています。 詳しくはこちらから

最大12万円のボーナスが貰える

看護師転職を大成功させるには職務を全うして円満退社し、次の職場では以前の職場で感じていた不満を解消できる形で働く事が必要です。給料が不満な方や休みが取れない方、他にも子育てとの両立を希望する方など色々な希望や不満がありますから、それらの要素を整理して何に妥協出来て何を譲れないのかを把握する事は必要です。そうした現状認識を行った上で転職エージェントを利用すると、円滑に職場を見つけて希望通りの働き方を行う事が出来ます。「看護のお仕事」では全国の看護師求人情報を沢山取り扱い、多くの情報提供可能な仕組みが整っています。「看護のお仕事」の利用を通じて転職成功すれば支援金として12万円のボーナスが得られる事も大きなメリットになっていますし、職場選択時に有益な情報を得ながら希望の職場を見つける方法としてエージェントを利用する事は大成功に繋がりやすいです。

キャリアコンサルタントがオススメする記事

ポイントを意識した面接
ポイントを意識した面接

転職の場合は学生の新卒面接とは違い、中途採用者として「即戦力」となってくれる人材かどうかを見られています。身だしなみや礼儀や社会人としてのマナーなど、マニュアル通りの面接対策は最低限できていて当たり前のことであり、それだけではまったく通用しません。求人票をしっかりと読み込み募集企業が何を求めているのかを把握し、その期待に自分はどのように応えられるのかを職務経歴や実績をベースとして具体的に説明できなければなりません。

企業情報を徹底的に調査
企業情報を徹底的に調査

転職活動をする方は、企業に選んでもらうという意識が強い人が多いようですが、企業に選ばれるよりも先に、まず自分自身が企業を選んでいるということを忘れないようにしましょう。応募者は履歴書や職務経歴書など自分自身の情報をさらけ出し色々な質問を受けますよね。応募する側も、「本当にこの企業に入りたいか?」を判断するために相手先企業の情報をしっかりとリサーチしてください。最低でも求人票を隅々まで読み込み、企業のホームページは会社概要から企業理念、そして事業内容など全ページをくまなくチェックします。このリサーチによって、自分の「志望動機」や「面接時の質問」も明らかになっていきます。

転職に有利な時期とは?
転職に有利な時期とは?

転職活動にも、一般的にみて有利な時期と不利な時期があります。有利な時期とは求人数が増える時期です。大成功を目指すなら有利なタイミングに動いたほうがベターですが、必ずしもこだわる必要はありません。参考情報として知っておく程度で良いでしょう。それよりも個人的な環境や条件として、早すぎず遅すぎないベストなタイミングをしっかりと見極めることが重要です。転職回数が多く1社ごとの在籍期間が短い場合、「すぐに辞めてしまうのでは」という不安を与えるため不利にはなりますが、不利を乗り越えるだけの何かを持っていれば、採用を勝ち取ることも可能です。