「ウィルハーツ」で金融業転職を大成功させよう

サイトについて

「みんなの転職を大成功に!」をモットーに、転職支援活動をするキャリアコンサルタントです。このサイトでは転職を成功させるための基本を紹介します! 【お問い合わせはコチラまで】

金融のプロが答えてくれる「ウィルハーツ」

金融のプロが答えてくれる「ウィルハーツ」

非公開求人が多いと言う現実

金融業界では、以前は人員を揃えて仕事を滞りなく行うために採用するというポテンシャル採用をしていましたが、最近では更に進んで収益を増強するために特定の業務分野を狙って人員補強をするように変化しています。つまり金融企業に就職するためには、その金融企業が求めているスキルを持っている必要があるのですが、企業側は特定のエージェントなどを使用して採用人員を探しているので必要なスキルが何かを知ることが困難になっています。よって、一般の人が自分なりに就職したい金融機関の情報を調べるぐらいでは企業側が欲しい人材である可能性が低いため、採用される確率も低くなってしまうというわけです。

エキスパートのサポートが必要な時代

「ウィルハーツ」は様々な金融企業の人事部からの求人情報はもちろんのこと、企業のトップや幹部からも求人情報を得ています。このような非公開求人情報を持っている会社のサポートを受けることは、就職活動においてかなりのストロングポイントになるでしょう。また非公開求人情報を得ることができても、自分で適当な履歴書を作って応募したとしたら書類審査を通る確率が低くなります。専門のエージェントのサポートにより細かい戦略を立てて、確かな履歴書作りをしていくことで、ようやくその他の応募者と同じ土俵に立てるという厳しい時代になっていることをまずは自覚して欲しいと思います。

金融機関出身者の持つ強み

「ウィルハーツ」は全員が金融機関出身者で構成されています。そのため、イメージだけで知っている金融企業が実際どういう会社であるのかや、社風や業務などについても応募の段階で詳しく聞くことができます。こういった生きた情報は、履歴書作りやその後の面接でのやりとりの時にもかなり生きてくることでしょう。

就職までのすべてをサポート

まずは、金融のプロであるウィルハーツの社員が希望の金融企業について本当の所はどうなのかを語ってくれます。ウィルハーツに寄せられたたくさんの求人情報の中からコンサルタントが応募者の希望にピッタリの企業を紹介してくれるため、実際に応募するかどうかの判断において非常に参考になるでしょう。その後は、書類審査に備えてのアドバイスをしてくれます。実は金融業界に就職するために一番の難関になっているのが書類審査だといわれています。書類審査に通る履歴書や職務経歴書の作成は非常に重要になってきますが、もちろんウィルハーツのコンサルタントのサポートがあるのでレベルが高いものに仕上がります。実際にウィルハーツのコンサルタントのサポートの結果により、書類審査の透過率は大きく上がっています。

ウィルハーツ クライアントからの信頼により、非公開求人が豊富です。また、少し特殊だといわれる金融企業の面接向けの模擬面接なども受けられます。 詳しくはこちらから

キャリアコンサルタントがオススメする記事

ポイントを意識した面接
ポイントを意識した面接

転職の場合は学生の新卒面接とは違い、中途採用者として「即戦力」となってくれる人材かどうかを見られています。身だしなみや礼儀や社会人としてのマナーなど、マニュアル通りの面接対策は最低限できていて当たり前のことであり、それだけではまったく通用しません。求人票をしっかりと読み込み募集企業が何を求めているのかを把握し、その期待に自分はどのように応えられるのかを職務経歴や実績をベースとして具体的に説明できなければなりません。

企業情報を徹底的に調査
企業情報を徹底的に調査

転職活動をする方は、企業に選んでもらうという意識が強い人が多いようですが、企業に選ばれるよりも先に、まず自分自身が企業を選んでいるということを忘れないようにしましょう。応募者は履歴書や職務経歴書など自分自身の情報をさらけ出し色々な質問を受けますよね。応募する側も、「本当にこの企業に入りたいか?」を判断するために相手先企業の情報をしっかりとリサーチしてください。最低でも求人票を隅々まで読み込み、企業のホームページは会社概要から企業理念、そして事業内容など全ページをくまなくチェックします。このリサーチによって、自分の「志望動機」や「面接時の質問」も明らかになっていきます。

転職に有利な時期とは?
転職に有利な時期とは?

転職活動にも、一般的にみて有利な時期と不利な時期があります。有利な時期とは求人数が増える時期です。大成功を目指すなら有利なタイミングに動いたほうがベターですが、必ずしもこだわる必要はありません。参考情報として知っておく程度で良いでしょう。それよりも個人的な環境や条件として、早すぎず遅すぎないベストなタイミングをしっかりと見極めることが重要です。転職回数が多く1社ごとの在籍期間が短い場合、「すぐに辞めてしまうのでは」という不安を与えるため不利にはなりますが、不利を乗り越えるだけの何かを持っていれば、採用を勝ち取ることも可能です。