「ウィルハーツ」で金融業転職を大成功させよう

サイトについて

「みんなの転職を大成功に!」をモットーに、転職支援活動をするキャリアコンサルタントです。このサイトでは転職を成功させるための基本を紹介します! 【お問い合わせはコチラまで】

金融のプロが答えてくれる「ウィルハーツ」

金融のプロが答えてくれる「ウィルハーツ」

非公開求人が多いと言う現実

金融業界では、以前は人員構成や配置の最適化を図るために個々の能力を重視したポテンシャル採用が主流でしたが、最近ではさらに進んで収益を増強するために特定の業務分野に絞って人員補強をする方向へと変化しています。つまり、金融企業に就職するためには、企業側が求めている特定のスキルを持つ必要があるということです。
企業側は、金融業界での専門分野に長けているスペシャリストな人材を求めています。一般の市場に求人を公開してしまうと、専門分野に強い人材の獲得は難航を極め非効率的です。そのため、専門性が高く、信頼のおける金融業界に特化したエージェントへ独自に求人依頼を行い、非公開求人として募集をかける企業が多くなっています。非公開求人にすることで得られるメリットは、企業側が欲している人材をピンポイントで獲得でき、スキルや経験を持つ人材とのマッチングを叶えられることです。 非公開求人が多い金融業界へ転職する際には、企業情報を個人で調べても限りがあり、企業側が求めているスキルや欲しい人材の答えにたどり着くことは困難でしょう。そのため、金融業界専門のエージェントを活用して有益な時間の使い方をするのが賢明だと言えます。

エキスパートのサポートが必要な時代

狭き門である金融業界への転職はハードルが高く、さらにその先の書類審査や面接も難関とされています。そのため、金融企業の求人案件を専門に取り扱っているエージェントのサポートが必要不可欠です。金融業界の専門特化である「ウィルハーツ」は、様々な金融企業の人事部から求人情報を得ることはもちろん、企業のトップや幹部からも情報を得ています。このような非公開求人情報を保有しているエージェント会社のサポートを受けることは、就職活動においてかなりの強みとなるでしょう。
しかし、非公開求人の情報を得ることができても、書類審査を通過するのは至難の業です。金融専門のエージェントのサポートにより細かい戦略を立て、企業別に履歴書、職務経歴書、志望動機書の作成を行い、周到に準備する必要があります。書類選考の次に必要なのは、1次面接から最終面接までのプロセス毎に応じた対策です。求人情報を得ることも難しい金融業界ですが、採用までの道のりも険しいため、想像以上の時間と労力が求められます。そのため、金融業界の転職活動では金融機関でのキャリアを持つエージェントのサポートが欠かせません。専門性の高いアドバイスを得ることで金融企業への転職成功率を上げることができます。ウィルハーツのように金融スペシャリストが運営している転職エージェントの活用が必要と言えるでしょう。

金融機関出身者の持つ強み

ウィルハーツは、金融機関出身者で構成されたエキスパート集団であり、豊富な人脈と実績、情報量を保有していることが最大の強みです。このような専門性の高いエージェントを利用すると、金融企業が実際どういう会社であるのか、また企業別の社風や業務内容などのリアルな情報を知ることができます。応募の段階で詳しい情報を得られることで、履歴書作りやその後の面接対策にも大いに活かすことができるでしょう。
また、ウィルハーツでは一人ひとりのポテンシャルにも目を向け、常時保有している非公開求人の中から適した求人案件を選出して紹介。個々にベストフィットする求人の紹介により、通過率の向上も期待できます。外資系金融機関で長期に渡り活躍してきた人物がウィルハーツの代表ということもあり、外資系はもちろん、国内大手の金融機関との人的ネットワークも豊富です。長年築いてきたクライアントとの信頼関係により、多くの非公開求人を保有しているのも強みとされています。

就職までのすべてをサポート

まずは、ウィルハーツのコンサルタントと面談を行うところから転職活動がスタート。面談では、これまでのキャリアや転職への希望、今後のキャリアプランなどの話しをしながら最初のアドバイスが行われます。初回のヒアリングをもとに、ウィルハーツが保有する豊富な求人情報の中から応募者の希望にピッタリの企業を紹介してくれるため、転職後のミスマッチを防ぐことが可能です。
応募する企業を絞り込んだ後は、書類審査に備えて次のアドバイスが行われます。実は金融業界への就職で一番の難関と言われているのが書類審査です。書類選考の通過率をアップさせる方法としてウィルハーツが実施しているのは、「思わず会いたくなる書類の書き方」というもの。有力金融機関には数多くの書類が送付されてくるため、その中でどんなアピールをすると効果的なのか、どういう風に書くと魅力的に映るのかなど、他の応募者との差を意識した書き方のアドバイスを受けられます。また、外資系の金融機関を希望している場合には、英文レジメの作成方法についてもサポートを受けることが可能です。実際にコンサルタントのサポートを受け、ウィルハーツの書類審査の透過率は大きく上がってきているという結果が出ています。書類審査に通過したあとは、面接のスケジューリングが行われ、新たに面接対応に関するアドバイスを受けて希望企業への応募プロセスは終了です。
内定の合否についてはコンサルタントから連絡があり、さらに待遇や役職、年収に関する交渉も代わりに行ってもらえます。さらに、入社後も担当のコンサルタントと連絡を取り合うことができ、今後のキャリア構築のためのアフターフォローを受けることが可能です。同業種間での転職を考えている場合には、円満退職が叶うように転職をサポートしてくれるのも金融業界で専門特化したウィルハーツならではと言えるでしょう。

ウィルハーツ ウィルハーツは、クライアントからの信頼により非公開求人が豊富です。また、少し特殊と言われている金融企業向けの模擬面接なども受けられます。希望の金融企業への転職はもちろん、異業界からのキャリアチェンジも叶えられる転職エージェントの一つです。 詳しくはこちらから

キャリアコンサルタントがオススメする記事

ポイントを意識した面接
ポイントを意識した面接

転職の場合は学生の新卒面接とは違い、中途採用者として「即戦力」となってくれる人材かどうかを見られています。身だしなみや礼儀や社会人としてのマナーなど、マニュアル通りの面接対策は最低限できていて当たり前のことであり、それだけではまったく通用しません。求人票をしっかりと読み込み募集企業が何を求めているのかを把握し、その期待に自分はどのように応えられるのかを職務経歴や実績をベースとして具体的に説明できなければなりません。

企業情報を徹底的に調査
企業情報を徹底的に調査

転職活動をする方は、企業に選んでもらうという意識が強い人が多いようですが、企業に選ばれるよりも先に、まず自分自身が企業を選んでいるということを忘れないようにしましょう。応募者は履歴書や職務経歴書など自分自身の情報をさらけ出し色々な質問を受けますよね。応募する側も、「本当にこの企業に入りたいか?」を判断するために相手先企業の情報をしっかりとリサーチしてください。最低でも求人票を隅々まで読み込み、企業のホームページは会社概要から企業理念、そして事業内容など全ページをくまなくチェックします。このリサーチによって、自分の「志望動機」や「面接時の質問」も明らかになっていきます。

転職に有利な時期とは?
転職に有利な時期とは?

転職活動にも、一般的にみて有利な時期と不利な時期があります。有利な時期とは求人数が増える時期です。大成功を目指すなら有利なタイミングに動いたほうがベターですが、必ずしもこだわる必要はありません。参考情報として知っておく程度で良いでしょう。それよりも個人的な環境や条件として、早すぎず遅すぎないベストなタイミングをしっかりと見極めることが重要です。転職回数が多く1社ごとの在籍期間が短い場合、「すぐに辞めてしまうのでは」という不安を与えるため不利にはなりますが、不利を乗り越えるだけの何かを持っていれば、採用を勝ち取ることも可能です。