大成功する転職活動の考え方

サイトについて

「みんなの転職を大成功に!」をモットーに、転職支援活動をするキャリアコンサルタントです。このサイトでは転職を成功させるための基本を紹介します! 【お問い合わせはコチラまで】

転職を成功に導く考え方

転職を成功に導く考え方

転職を大成功に導くためには、しっかりとした考え方が必要です。まずは自分がなぜ転職したいのかを深く考えて転職理由を明確にすることです。また、転職に有利な時期を見極めることも肝心です。今が有利な時期でなくても、転職を成功させるために資格を取得するなどの準備を怠ってはいけません。せっかく転職するのだから、ホワイト企業に務めたいもの。ここではホワイト企業の見極め方も紹介します。最後に失敗から学ぶことも大成功への近道です。色々な失敗パターンを知って、同じ過ちをおかさないようにしましょう。

まず転職の理由を明確に

転職先に対して自分は何を求めるのかをはっきりさせることが、就職活動に先だって重要な事です。漠然とした以前の勤め先への不満だけを抱えて転職をしても転職先でまた同じような不満を抱えてしまい、転職を繰り返すことになってしまうからです。スキルアップを目指すなどの転職先へ求めるものを決めたら、志望動機をはっきりさせてポジティブな言い回しで答えらるようにすると、面接で成功する確率が高くなります。また、専門の面接エージェントのアドバイスやサポートを受けることもお勧めします。

転職に有利な時期とは?

転職をするには、転職先の募集のタイミングに応じられるように自分自身がしっかり準備をしていく必要があります。比較的募集の多い年度替わりの時期に合わせることができるように準備をしていくとよいでしょう。その間に経験を積み、スキルを見えるようにするため資格を取得しておくと、転職を成功させやすくなります。こうしたことには期間が必要なので、あわてずに準備を進めていくことが大切だといえるでしょう。

ホワイト企業を見極める

転職希望者の大半は現状働いている職場をブラック企業と考えている方が多いと思います。ここでいうブラック企業とは法令順守もせずに、サービス残業やパワハラ等が横行するような職場であり、一言で言えば人間を大切に扱わない会社です。転職したからと言って転職先がブラック企業で無い保障は無いですし、実際に行ってみると前職よりも酷い環境だったという事もありえます。求人広告や企業規模だけで判断すると人間を大事にするホワイト企業を選択出来ない事もあります。ここでは、良い転職先を見つける考え方や方法を知った上で転職活動出来る方法を紹介します。

失敗する転職パターンを知る

年齢が上がれば上がるほど、転職活動に焦りを感じやすくなります。しかし、その焦りが転職活動の失敗につながってしまうこともあるのです。まずは今の仕事に向き合い、自分のできることを増やしていくことがより良い転職につながるという考え方を持ってみましょう。そうすると自分に会った仕事も明確になっていきます。また、転職先に関する情報収集は時間をかけてしっかり行っていきましょう。焦らずに準備を進めていくことが大成功と感じる転職のポイントなのです。

キャリアコンサルタントがオススメする記事

ポイントを意識した面接
ポイントを意識した面接

転職の場合は学生の新卒面接とは違い、中途採用者として「即戦力」となってくれる人材かどうかを見られています。身だしなみや礼儀や社会人としてのマナーなど、マニュアル通りの面接対策は最低限できていて当たり前のことであり、それだけではまったく通用しません。求人票をしっかりと読み込み募集企業が何を求めているのかを把握し、その期待に自分はどのように応えられるのかを職務経歴や実績をベースとして具体的に説明できなければなりません。

企業情報を徹底的に調査
企業情報を徹底的に調査

転職活動をする方は、企業に選んでもらうという意識が強い人が多いようですが、企業に選ばれるよりも先に、まず自分自身が企業を選んでいるということを忘れないようにしましょう。応募者は履歴書や職務経歴書など自分自身の情報をさらけ出し色々な質問を受けますよね。応募する側も、「本当にこの企業に入りたいか?」を判断するために相手先企業の情報をしっかりとリサーチしてください。最低でも求人票を隅々まで読み込み、企業のホームページは会社概要から企業理念、そして事業内容など全ページをくまなくチェックします。このリサーチによって、自分の「志望動機」や「面接時の質問」も明らかになっていきます。

転職に有利な時期とは?
転職に有利な時期とは?

転職活動にも、一般的にみて有利な時期と不利な時期があります。有利な時期とは求人数が増える時期です。大成功を目指すなら有利なタイミングに動いたほうがベターですが、必ずしもこだわる必要はありません。参考情報として知っておく程度で良いでしょう。それよりも個人的な環境や条件として、早すぎず遅すぎないベストなタイミングをしっかりと見極めることが重要です。転職回数が多く1社ごとの在籍期間が短い場合、「すぐに辞めてしまうのでは」という不安を与えるため不利にはなりますが、不利を乗り越えるだけの何かを持っていれば、採用を勝ち取ることも可能です。