転職したい理由は何ですか?大成功の最初の一歩です!

サイトについて

「みんなの転職を大成功に!」をモットーに、転職支援活動をするキャリアコンサルタントです。このサイトでは転職を成功させるための基本を紹介します! 【お問い合わせはコチラまで】

まず転職の理由を明確に

まず転職の理由を明確に

なぜ自分は転職をするのか

何度転職を繰り返しても、しっくりこなくて、また転職を繰り返すことになる人がいます。こういう人は、「どうして自分は転職するのか」が明確になっていない場合が多いのです。転職のためにハローワークや専門のコンサルタントなどに通ってアドバイスを受けても、自分の転職に対するニーズが分かっていない場合は、結局転職先に行っても何となくピンとこず、不満を感じて辞めてしまうことになるのです。「自分はどうして転職したいのか」や「転職先の企業に何を求めるのか」などをはっきりさせることは、就職活動を頑張るよりも大切な事なのです。別に転職を繰り返しても問題はないと思う人もいるかもしれませんが、転職のたびに年齢は確実に上がっていきますし、行き当たりばったりに転職をしていた場合、仕事にもっとも必要なスキルアップの機会を逃し続けることになります。スキルを持った人材ならば転職のたびに職場環境や社会的地位が上がる場合がありますが、何もスキルを持たずに転職を繰り返せば、徐々に収入も福祉厚生も良くない企業へと転職先が落ちて行ってしまうことでしょう。

志望動機をはっきりさせる

職場環境の改善やスキルアップのためなど、自分が転職に対して何を求めているかを明確にしたら転職する企業を選んで就職活動を始めます。その際に志望動機をはっきりさせておくことが大切です。なぜなら面接の際に面接官から、間違いなく志望動機を聞かれるからです。その際にきちんと答えられないようでは、転職は難しいと言わざるを得ません。
志望動機を聞かれた時に最も基本的で重要な事は志望動機がポジティブだという事です。前の会社の職場環境が最悪だったとか、以前の会社ではスキルアップの役に立ちそうになかったとか、以前の会社の上司の人間性が最悪でしたなど、ネガティブな志望動機は厳禁です。面接官は「自分の会社に対してもそう思うに違いない」と思うことが多いからです。同じ内容のことを言うにしても「御社の恵まれた職場環境の中で、思いきり自分のスキルを活かして、更に向上させたいと願っています」などとポジティブな言い回しにしましょう。
もっとも転職の際にはネガティブな要因もあり、以前の会社を辞めている人も多いため、急にポジティブな発想になるのは難しい場合もあると思います。その場合は、転職先の相談や志望動機をポジティブにする方法などを専門の転職エージェントに相談してサポートしてもらうのもいいでしょう。根本的には自分が今後どういう人間になりたいのか、どういう人生を送りたいのかという未来へのビジョンを持つことが必要になります。まずは静かな場所へ行って、そのことを真剣に考えてみる機会を持つことから始めるのもいいでしょう。

キャリアコンサルタントがオススメする記事

ポイントを意識した面接
ポイントを意識した面接

転職の場合は学生の新卒面接とは違い、中途採用者として「即戦力」となってくれる人材かどうかを見られています。身だしなみや礼儀や社会人としてのマナーなど、マニュアル通りの面接対策は最低限できていて当たり前のことであり、それだけではまったく通用しません。求人票をしっかりと読み込み募集企業が何を求めているのかを把握し、その期待に自分はどのように応えられるのかを職務経歴や実績をベースとして具体的に説明できなければなりません。

企業情報を徹底的に調査
企業情報を徹底的に調査

転職活動をする方は、企業に選んでもらうという意識が強い人が多いようですが、企業に選ばれるよりも先に、まず自分自身が企業を選んでいるということを忘れないようにしましょう。応募者は履歴書や職務経歴書など自分自身の情報をさらけ出し色々な質問を受けますよね。応募する側も、「本当にこの企業に入りたいか?」を判断するために相手先企業の情報をしっかりとリサーチしてください。最低でも求人票を隅々まで読み込み、企業のホームページは会社概要から企業理念、そして事業内容など全ページをくまなくチェックします。このリサーチによって、自分の「志望動機」や「面接時の質問」も明らかになっていきます。

転職に有利な時期とは?
転職に有利な時期とは?

転職活動にも、一般的にみて有利な時期と不利な時期があります。有利な時期とは求人数が増える時期です。大成功を目指すなら有利なタイミングに動いたほうがベターですが、必ずしもこだわる必要はありません。参考情報として知っておく程度で良いでしょう。それよりも個人的な環境や条件として、早すぎず遅すぎないベストなタイミングをしっかりと見極めることが重要です。転職回数が多く1社ごとの在籍期間が短い場合、「すぐに辞めてしまうのでは」という不安を与えるため不利にはなりますが、不利を乗り越えるだけの何かを持っていれば、採用を勝ち取ることも可能です。