ブラック企業かホワイト企業かを見極めて、転職も大成功!

サイトについて

「みんなの転職を大成功に!」をモットーに、転職支援活動をするキャリアコンサルタントです。このサイトでは転職を成功させるための基本を紹介します! 【お問い合わせはコチラまで】

ホワイト企業を見極める

ホワイト企業を見極める

転職時の注意点

転職を行う時に注意したい事は、現状への不満を爆発させて勢いで仕事を辞めてしまわない事です。まずは転職先に何を求めるのかを整理して、現状の職場でそれを求める事が出来ないのかどうかを確認した上で転職活動を行う事が望ましく、給料や休日と行った情報だけで職場を見つけると、その職場が前職よりも酷いという事もありえます。まずは何を求めているのか、そして転職先の求人広告だけでは見えてこない情報収集を行う事が重要であり、転職先の会社が進む方向性や社員をどのように扱っているのかを判断しましょう。

ホワイト企業とブラック企業の見分け方

転職先に求める事は様々であり、激務でも良いから給料が多い方が良いと言う方、とにかく休みが欲しいという方、福利厚生や社員教育が充実している所が良いという方など、求める要素は様々です。いずれにしてもブラック企業を選択すれば給料が高くても生活を充実させる事は難しいですし、転職先はホワイト企業の特徴を備えた所にする事が望ましいです。ホワイト企業の特徴は一言で言えば人材を大切にして育てる企業であり、逆にブラック企業は使い捨てとして人材を扱う会社と言えるでしょう。一時的に給料が上がったり大きな規模の企業で周りにも自慢出来ると思っても、使い捨ての会社に属していると満足度を得る事は難しいですし、社員を守れない企業で人生を過ごす事は多くの場合で不幸になります。

引用:ホワイト求人

「ブラック企業」問題は従来型の日本の労働のあり方の問題であり、「良い会社とは何か?」という定義・価値観が大きく変わってきている時代の転換期の問題でもある

ホワイト求人 「ホワイト求人」ではホワイト企業の基準などを紹介していますので、今の職場はブラックかもと疑問に思う人は一度覗いてみましょう。 詳しくはこちらから

人を大切にするホワイト企業は入社が難しく、人間を大事すると言う事は人間に投資する企業です。入社試験でも入社希望者の事を理解した上で共に働いて会社に貢献出来る人材を選択しますから、必然的に入社までの工程も長くてハードルが高くなります。

ホワイト企業への転職を大成功させる為の考え方

ホワイト企業では福利厚生の充実や社員教育の整備、残業代を確実に支払ったり有給休暇を取りやすい等、社員が働きやすいように整備されています。このように人を大切にする企業かどうかは入社前の段階で掴む事は難しいですし、今ならネット等を活用して求人広告には記載出来ないような働いている方の生の声を拾ったりして、積極的に転職先の会社の情報を収集するようにしましょう。会社の中の情報がわかれば面接時でもその会社に入りたい理由や熱意をアピールしやすくなりますし、ホワイト企業は面接やSPIテスト等、人間を知ろうとする努力を怠りませんから、何となく入りたいから来たという風な表現では弾かれてしまいます。転職をする以上は前職で得た経験を次の職場でどのように活用出来るかをアピールしたり、今後の企業が進む方向性を理解した上で自分がどう成長したいかといったような事をアピール出来ると良いですし、会社の方向性を理解して自分の能力をどのように役立たせて貢献出来るかという考え方が必要になります。

キャリアコンサルタントがオススメする記事

ポイントを意識した面接
ポイントを意識した面接

転職の場合は学生の新卒面接とは違い、中途採用者として「即戦力」となってくれる人材かどうかを見られています。身だしなみや礼儀や社会人としてのマナーなど、マニュアル通りの面接対策は最低限できていて当たり前のことであり、それだけではまったく通用しません。求人票をしっかりと読み込み募集企業が何を求めているのかを把握し、その期待に自分はどのように応えられるのかを職務経歴や実績をベースとして具体的に説明できなければなりません。

企業情報を徹底的に調査
企業情報を徹底的に調査

転職活動をする方は、企業に選んでもらうという意識が強い人が多いようですが、企業に選ばれるよりも先に、まず自分自身が企業を選んでいるということを忘れないようにしましょう。応募者は履歴書や職務経歴書など自分自身の情報をさらけ出し色々な質問を受けますよね。応募する側も、「本当にこの企業に入りたいか?」を判断するために相手先企業の情報をしっかりとリサーチしてください。最低でも求人票を隅々まで読み込み、企業のホームページは会社概要から企業理念、そして事業内容など全ページをくまなくチェックします。このリサーチによって、自分の「志望動機」や「面接時の質問」も明らかになっていきます。

転職に有利な時期とは?
転職に有利な時期とは?

転職活動にも、一般的にみて有利な時期と不利な時期があります。有利な時期とは求人数が増える時期です。大成功を目指すなら有利なタイミングに動いたほうがベターですが、必ずしもこだわる必要はありません。参考情報として知っておく程度で良いでしょう。それよりも個人的な環境や条件として、早すぎず遅すぎないベストなタイミングをしっかりと見極めることが重要です。転職回数が多く1社ごとの在籍期間が短い場合、「すぐに辞めてしまうのでは」という不安を与えるため不利にはなりますが、不利を乗り越えるだけの何かを持っていれば、採用を勝ち取ることも可能です。