転職大成功のコツは失敗パターンから学ぶ

サイトについて

「みんなの転職を大成功に!」をモットーに、転職支援活動をするキャリアコンサルタントです。このサイトでは転職を成功させるための基本を紹介します! 【お問い合わせはコチラまで】

失敗する転職パターンを知る

失敗する転職パターンを知る

採用されにくくなる人とは

転職の場合、それまでの働き方や培ってきたスキルを問われることが多いです。そのため、現在の仕事にきちんと向き合っていない方や不満ばかりを述べる方は転職で失敗する可能性が高くなります。転職先の会社でも同様の不満を抱き、仕事にも悪影響を及ぼすことが想像されるからです。そのため、採用面接などでは今の仕事で得たもの、真剣に仕事に向き合ってきたという姿勢などをきちんと話せるようにしておきたいものです。今の仕事に不満があるから転職を考えている人も多いでしょうが、まずはきちんと現在の仕事をこなしてみるという考え方を持つことが転職するにあたっても大切になるといえます。

情報収集を怠ると失敗する

景気が良くなってきているとはいえ、年齢が上がってからの転職は難しい状況が続いています。そのため、転職活動にも焦りを見せる人が多いようです。しかし、今の働き方に不満があり、新しい環境に早く移りたいと焦っている人ほど、転職後に失敗したと感じやすいものなのです。焦って転職活動をするため、情報収集が不十分であるという事が原因であるといえます。早く環境を変えたいと思っても、情報収集をしっかりできるだけの時間をかけることは大切です。仕事内容がイメージと違ったなど思い込みで転職をしてしまうと、再び転職活動を考える悪循環に陥ってしまう可能性も高くなるのです。転職を大成功させ、長く働ける新天地を見つけるためには事前の情報収集を怠らず実際に働いている人の話を聞いてみるなど生の情報を得ていくような努力も必要となるでしょう。まずは焦ることなく、自分が納得いくまで転職先探しに時間をかけてみましょう。

自分自身を分析できていないと失敗する

転職先の情報をたくさん得ることができたとしても、そこから自分にあった会社を選ぶ段階で失敗する方も多いようです。その場合は自分自身がどのような仕事をしたいのか、どういったことができるのかという点について把握しきれていないという問題があるのです。今の仕事に納得がいかないから転職するのであれば、どこが納得いかないのかをはっきりさせておきましょう。同じ問題のある会社に転職するようなことがあれば、また失敗だと感じることになってしまうはずです。あなたが求める働き方には何が必要なのかを考えることが転職を大成功に導くポイントになります。また、自分がどういったことができるかという点も転職の成功には必要になります。相手に求められる仕事ができることが転職先で満足感を感じることにつながるからです。今の働き方を参考に、必要な条件やできる仕事をリストアップしていくと転職先の選定に大きく役立ちます。

キャリアコンサルタントがオススメする記事

ポイントを意識した面接
ポイントを意識した面接

転職の場合は学生の新卒面接とは違い、中途採用者として「即戦力」となってくれる人材かどうかを見られています。身だしなみや礼儀や社会人としてのマナーなど、マニュアル通りの面接対策は最低限できていて当たり前のことであり、それだけではまったく通用しません。求人票をしっかりと読み込み募集企業が何を求めているのかを把握し、その期待に自分はどのように応えられるのかを職務経歴や実績をベースとして具体的に説明できなければなりません。

企業情報を徹底的に調査
企業情報を徹底的に調査

転職活動をする方は、企業に選んでもらうという意識が強い人が多いようですが、企業に選ばれるよりも先に、まず自分自身が企業を選んでいるということを忘れないようにしましょう。応募者は履歴書や職務経歴書など自分自身の情報をさらけ出し色々な質問を受けますよね。応募する側も、「本当にこの企業に入りたいか?」を判断するために相手先企業の情報をしっかりとリサーチしてください。最低でも求人票を隅々まで読み込み、企業のホームページは会社概要から企業理念、そして事業内容など全ページをくまなくチェックします。このリサーチによって、自分の「志望動機」や「面接時の質問」も明らかになっていきます。

転職に有利な時期とは?
転職に有利な時期とは?

転職活動にも、一般的にみて有利な時期と不利な時期があります。有利な時期とは求人数が増える時期です。大成功を目指すなら有利なタイミングに動いたほうがベターですが、必ずしもこだわる必要はありません。参考情報として知っておく程度で良いでしょう。それよりも個人的な環境や条件として、早すぎず遅すぎないベストなタイミングをしっかりと見極めることが重要です。転職回数が多く1社ごとの在籍期間が短い場合、「すぐに辞めてしまうのでは」という不安を与えるため不利にはなりますが、不利を乗り越えるだけの何かを持っていれば、採用を勝ち取ることも可能です。